Recruitment

Interview 01

お客さまの声が届く、
最前線だけにできること。

営業部 お客さまサポート室 主任 K.Y 2012年キャリア入社

Mission

声を聞く力を、
発信していく力へ。

「お客さまサポート」。そう聞くと、コールセンターをイメージされる方が多いかもしれません。もちろん、電話やメールによるお問い合わせへの対応も大切な仕事。でも、それだけじゃない。たとえば、コグニビジョンが運営するさまざまなサイトの企画・更新。ユーザーに発送する季刊誌の企画・編集・発行。そんな広報に近い仕事も、私たちのミッションには含まれています。専門性の高い業務は協力会社さんと連携して進め、サイトのちょっとした更新くらいなら自分でこなす。一方で、本筋ともいえるお問い合わせ対応の品質向上のために、さまざまな取り組みを重ねていく。お客さまサポート部は、ユーザーの声が届く、いわば最前線の部署。ユーザーをよく知っているからこそ、ユーザーに向けた情報発信までも任されているのです。

思い出の仕事

社名が変わると、
まるごと変わる。

「コグニビジョン」は、2017年からの新社名。社名変更の際には、WEBも印刷物も、社名の入ったすべてを修正する必要がありました。改修期間はたったの3ヶ月。頭を抱えました。たとえば製品サイト。私たちの製品はソフトウエアですから、サイトには画面写真が大量に掲載されています。そのひとつひとつに、社名ロゴが入っている。すべてをきっちり差し替えなければ。こうしたチェック項目が膨大にあるため、修正を指示しても作業に漏れが起こりやすい。しかも関わる人が多く、コミュニケーションに時間がかかる。伝言ゲームのように、伝えたいことが抜け落ちる。「これ、終わらないかも」。何度か、本気でそう思いました。だからこそ、どうにか間に合わせて、新たな船出をちゃんと迎えられた達成感は特大でした。

仕事のここが好き

ユーザーの実感に、ほかのどこよりも寄りそえる部署。そんな自負があります。自動車修理業界は、IT化が遅れていると言われています。実際に、お客さまサポート部への問い合わせはメールよりも電話の数が圧倒的。そんな事情もあり、ソフトウエアのアップデートはオンラインではなくディスクの送付で対応しているのですが、時には「やり方がわからない」という電話で回線がふさがりかけることも。そういった問い合わせに丁寧に答え、不安なくソフトウエアを使える状況を整えることも、品質のうち。それがひいては、事故後のすばやい見積り対応や、カーオーナーの不安解消につながり、自動車業界全体を支えることにもつながっていく。そんな手応えをこれからも感じられるよう、お客様の声に向き合っていきたいと思います。

会社のここが好き

とにかくギスギスしていない。入社してから、誰かの理不尽な怒鳴り声を一度も聞いたことがない。社内にはいつも、みんなで協力して助け合おうという空気が流れています。もちろん、ミスやトラブルが発生することもあります。私も一度、印刷ずみの季刊誌、しかも表紙に大きなミスが発覚し、青ざめたことが。でもそんな時、ミスそのものを追求するよりも、どうリカバーするか、次にどう起こさないかをみんなで前向きに考えてくれる。この雰囲気が、ふだんの働きやすさにもつながっているのではないでしょうか。と、すでに十分いい感じなのに、さらに各種研修を受けたりと、もっともっといい会社をめざそうとしている。そんなところも、私がコグニビジョンを好きな理由のひとつです。

これからの目標

“永年勤続休暇で16連休”

思いっきりプライベートの話で、すみません。私の趣味は海外旅行。16連休というとかなり長く思えますが、フライトに時間がかかる国をいくつか経由し、しかも現地滞在を楽しみ尽くそうとすると、けっこうギリギリの線なのです。いまイメージしているのは南米かアフリカ。マチュピチュ。ウユニ塩湖。それともサファリ。待ち切れません。

ONE DAY SCHEDULE

9:00-

出社と同時に、メールチェック。

10:00-

製品サイトの更新作業。ちょっとした更新作業なら、専用の画面を使ってサッとこなしてしまいます。

11:00-

外部の編集会社から届いた、季刊誌の原稿チェック。会議の資料も作ります。

12:00-

会社の仲間と、ランチにお出かけ。

13:00-

ユーザーから寄せられる、電話でのお問い合わせ対応。電話が集中した場合は、応援を頼むこともあります。

14:00-

サイトの運営会議。お客様サポート部は、事務局として取り仕切っています。

15:00-

記憶がまだ新しいうちに、会議の議事録をまとめます。

16:00-

外注業者さんと会って、依頼事項の進捗確認。

17:00-

退社。おつかれさまでした。

OFFの過ごし方

OFFの過ごし方

「これからの目標」ですでに語ってしまいましたが、私の趣味は海外旅行。昨年は、アイスランド、ロンドン、ヨルダン、イスラエルへ旅をしました。中でもヨルダンのペトラ遺跡は、中学生のころから夢見ていた旅先。大好きな映画にロケ地として登場して以来、憧れつづけてきました。その夢が、コグニビジョンの同僚と出かけた旅で、ついに! とはいえ、私の旅は終わりません。これまでに行った国は、たった20数ヶ国。世界はまだまだ広いですから。

Interview

人まかせにしない開発で、
かつてないサービスを

M.H

現場に、リアリティ
のある提案を。

F.G

新しい、主力商品を。
新しい、コグニビジョンを。

H.O

積み重ねた仕事に、
街で出会う喜び。

K.Y

深い提案を、
深い信頼関係から。

T.S

仕事も育児も、
自分らしく、進め。

A.T

日々、壁を乗り越え、
ひとり立ち。

S.I

新人に温かい空気の中で、
AIを通じた社会貢献の力に。

F.M

大手自動車メーカーの
期待に応えながら、
エリアを飛び出して動く。

M.W

コツコツがんばれる自分を
活かして、地元のそばで、
メジャー感のある仕事。

N.M

お客さまの声が届く、
最前線だけにできること。

K.Y